解説

日系金融機関も影響大、「中国個人情報保護法」の概要

個人の権利が大きく拡大、データの共同利用も厳格化

中国政法大学 比較法学研究院 副教授 / ユェン・ジェ

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

「中華人民共和国個人情報保護法」(中国個人情報保護法)が2021年11月1日から正式に施行される。同法では、個人情報の取扱規則が整備され、個人情報取扱者の義務を強化し、監督管理職責と法的責任がより一層明確にされた。中国個人情報保護法の施行は、中国が情報化時代の要求に応え、系統的な法体系を積極的に構築しようという姿勢を映し出すものだ。実務面の影響も大きく、日系の金融機関を含む多国籍企業に新たなコンプライアンスを求めるものにもなっている。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】