解説

地銀再編を論じるならば、国レベルで邦銀特有の課題を解決せよ

預金への集中がオーバーバンキングの本質

みずほ証券 チーフクレジット ストラテジスト / 大橋 英敏

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

本邦金融機関の低収益性の背景には、わが国の特殊性(預金集中と「預金口座開設は無料」との国民の意識)がある。収益性改善を図る上で、この特殊性という個別行の努力では解決できない問題に対し、国家レベルで思い切った政策を実施すべきだ。同時に地銀同士の経営統合が進んだとしても、意識改革が伴わなければ収益性改善は画餅となろう。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

おおはし ひでとし
91年日本生命保険入社、00年モルガン・スタンレー証券(現モルガン・スタンレーMUFG証券)にてクレジットストラテジスト業務を開始。投資助言会社経営を経て15年12月から現職。著書に『クレジット投資のすべて』など。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】