特集ポストコロナの事業再生

企業の復活・持続的発展を実現する再生計画の進め方

企業の課題設定こそ再生計画の要諦

日本政策金融公庫 中小企業事業本部 企業支援部長 / 鋸屋 弘

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、企業の事業活動に甚大な影響が出ている。特に中小企業・小規模事業者においては、当面の危機を乗り越えるとともに、将来に向けて事業再生・経営改善に着実に取り組み、事業継続力の強化と経営力の向上を実現しなければならない。金融機関としても、雇用を創出し地域経済に貢献する企業に対し、これまで以上に金融支援・経営改善支援をきめ細かく行い、下支えしていかなければならない。本稿では、こうした現状を踏まえ、金融機関が再生計画・経営改善計画の策定や事後のモニタリング・改善指導を円滑かつ効果的に進めていく上でのポイントについて解説する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら