新聞の盲点

三菱UFJが地公体に要請した「1件330円」の波紋

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

三菱UFJ銀行は昨年4月から、数百の地方公共団体と収納代行業務に係る手数料交渉を順次行っており、来年4月以降に手数料を引き上げる方針だ。過度な採算割れを見直し、地公体が引き上げ交渉に応じない場合には、窓口での収納代行業務の取り扱いから撤退する。各行とも収納代行業務は多額の赤字となっており、その改善は銀行界全体にとって切実な課題。手数料を適正な水準に見直していくとともに、収納代行に係る事務作業負担を減らす努力が求められている。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【復旧のご連絡】11/2~11/5午前にかけて、月額会員の登録・購入にもかかわらず、記事閲覧ができない不具合が生じておりましたが、11/5正午ごろに復旧いたしました。月額会員として登録いただいたIDとパスワードにてログインし、記事閲覧していただければ幸いです。お客様にはシステムの不具合についてご心配とご迷惑をおかけし、あらためて深くお詫び申し上げます。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【復旧のご連絡】11/2~11/5午前にかけて、月額会員の登録・購入にもかかわらず、記事閲覧ができない不具合が生じておりましたが、11/5正午ごろに復旧いたしました。月額会員として登録いただいたIDとパスワードにてログインし、記事閲覧していただければ幸いです。お客様にはシステムの不具合についてご心配とご迷惑をおかけし、あらためて深くお詫び申し上げます。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング